NEWS最新情報

【釣行レポート】沖縄本島北部カスミアジ試釣行 by ZENITHテスター 大城 耕

投稿日:2020年6月22日  TOP > 最新情報 > 【釣行レポート】沖縄本島北部カスミアジ試釣行 by ZENITHテスター 大城 耕

 

 

沖縄本島北部の海にカスミアジを狙いに出かけました。海人やダイバーに聞くとカスミアジという魚は色んな場所で比較的楽に見つけることができる魚だということです。島周りの魚影は決して薄くはないようです。しかしいざこの魚をルアーで狙ってみるとなかなかヒットさせることができないことを思い知らされます。狙う場所の選定や船の流し方、そしてカスミアジに特化したルアーの動かし方がこの釣りには求められます。

今回私が選んだ釣り場は小島を囲むように広がる広いリーフ。そのリーフエッジにトップウォータールアーを打ち込んでカスミアジを狙います。PE3号に80ポンドリーダー、そしてその先には50gのトップウォータルアーが付いています。使用する竿はカレントライン・キャスティズム78M。ルアーを遠くまで飛ばすキャスト性能やカスミアジを誘うルアーアクション、そしてカスミアジの強い引きをしっかりと受け止めることのできる適度な硬さがあり、この釣りにおいて私が最も信頼を寄せている竿です。

釣りを開始して第一投目、早速のヒットです。
強い引きを見せた後に上がってきたのは鰭周りの青い模様が綺麗なカスミアジ。いきなりの本命ゲット。サイズは3kg程でしょうか。とてもとても強い引きで私を楽しませてくれました。

この魚をリリースして次の流しでさらに大きな魚が私の操るルアーに襲いかかりました。先ほどの魚とは引きの強さが全く違います。強めにドラグを設定してあるPE3号をどんどん引き出していきます。ハンドドラグと竿の角度で魚の走りを止めますが、それでもジリジリと糸を出して抵抗します。何度かの突っ込みをかわして無事に水面を割ったのは6.8kgの大型カスミアジでした。私の自己記録です。1匹目キャッチからここまでわずか2時間足らず。とんでもない釣り場を見つけてしまったというのが正直な感想出です。

この後小物釣りを交えながら釣りを続け、4匹のカスミアジを釣り上げることができました。この釣り場の開拓は始まったばかりです。これから開拓が進めば型数共にさらに良い釣果が得られるようになるでしょう。これからもここに足を運び沖縄本島でのカスミアジ釣りのシステムが構築できればと考えています。

↑TOPに戻る