NEWS最新情報

【釣行レポート】外房釣行 by伊藤淳

投稿日:2020年1月20日  TOP > 最新情報 > 【釣行レポート】外房釣行 by伊藤淳

2019年12月29日
「2019年釣り納めはミニボート投げマサ」
今年は台風他で週末の時化が多くおくなかなか釣行できませんでしたが、釣り納めということで、仲間のミニボートに同乗させてもらいました。
水深5~20mの浅い根回りをラン&ガンでひたすらキャスティングするミニボートならではの機動力を活かした早い釣りです。
サイズはたいしたことありませんが、1本キャッチして2019年のヒラマサゲームの釣り納めが出来ました。

この1本は、
水深10mの岸から近い岩礁帯を風で流しながらキャスティングで攻めました。
ガンマ60を軽く投げて巻いて手返し良く探ります。
フルキャストは気持ちいいですが、HIT後ラインが出ている分、根ずれのリスクが多いので、ミニボートでのラン&ガンでは遠投はしません。
ロッドは、狭いミニボートでの取り回しの良さで、Wild Seek ZWS71MLを使用しました。遊漁船の胴の間でも同様に使いやすい長さです。
40~60gあたりのプラグがストレスなくキャスト出来て、ソフトなティップはプラグを動かしやすく、一番使用頻度が高いキャスティングロッドです。

今回のヒラマサは3㎏ちょいですが、このサイズはバットのパワーで軽々魚を浮かせるこができます。
10㎏クラスにも十分耐えるパワーもあり、1日キャストしても疲れない軽さ、狭い環境でも取り回しいのいい長さ、私の釣りのスタイルにマッチしたお気に入りの一本です
伊藤淳

↑TOPに戻る